国立公園でしもべたちの姿勢を考えて


今、教会は権威主義を捨て、しもべや聖徒としての本然の姿勢 に帰るべきだ。権威主義が美徳ではなく、愛と犠牲と苦難という困難に一貫 し、こうしたことを喜ぶ姿勢へと帰ることがしもべたちの本然 の姿勢である。

1990年6月のある日、国立公園で祈りを終え、岩の上に座って 休んでいた時、国立公園所属の清掃員に会った。その清掃員は、片付けるゴミが多いのか、登山客たちが無分別 にゴミを捨てると言って悪態をつき、不平を並べ立てていた。その瞬間私は、あの人は誰の為に清掃員として存在するのか、誰の為に給料をもらい家族を養って生きているのか? ゴミの無い世の中なら、誰が清掃員を必要としようか? ゴミを捨てる人がいるから清掃員が必要なのに、これを罵り不 平を言うのは、自分の職務を忘れ去る愚かなことでないのか、と思った記憶がある。

このようにしもべたちは、苦難のパンと従順の見本の為に存在 し、また教会が存在するのだ。しもべは教会の為に、憎しみ、苦難、心配、失敗、挫折、難し さ・・・などの、どんな苦難や逆境の中でも、苦難道の演技をするスタントマンのように、ただ愛で勝利する信仰の示範を見せ て生活する為に存在するのだ。清掃員がすることがなくて手を 後ろに組んでぶらぶら歩き回っているなら、企業主はその清掃 員を退かせるだろう。それと同じで、しもべたちは権威の為に 存在しているのではない。

しもべたちの正しい姿勢は、教会の為に苦難の生活を繰り返 し、こうした生活を喜びとしなければならない。尊敬や認められることに注意して、安楽を排斥し、信徒たちか らの疑心と不従順の中にあっても、今後戻ってくる信頼に対す る望みを内心に喜び、苦難や苦痛という困難を真に喜び楽しむ ことのできるしもべが、忠実な聖徒としもべの正しい姿勢なのだ。

しもべは羊の群たちに頼ってはならない。万事において彼らが 自ら、無理やりにではなく、自発的な発露で行なうまで長く長 く待ってあげなければならない。羊の群たちに、教会の十字架を共に担ってもらおうと期待して はならない。期待は常に失望を増すだけだ。彼らの信仰が完成されるまで尽 きることのない繰り返しで、愛と犠牲、苦難と苦労に一貫し、彼らにしてあげるべき義務だけが存在するのみだ。

あなたの使命にいつも喜び感謝する心を常に抱き、人々から慰 められることを願ってはならない。あなたが倒れる一歩直前に いつもあなたを救ってくださる神だけを、ただ望み頼りなさい。不平と不満、ねたみ、嫉妬、欲の幕を破り、美しい幻想を信仰 によって心に描いて成就させ、美しい装いの中にいつも素敵に 主と共にいられるよう準備しなさい。