明日という未来


明日という未来は、未知の世界ではなく

既にしっかりと作られた世界だ

組織と組織が連結されているように、一寸の誤差も無く

既に回転する車輪の中で、過去の行為と現在の答えの中

明日という世界は進行されて行く

聖霊は未来を教えてくれ、未来の世界を予備し

備えるようにする仲保者の役割であり

救いに導く、我々の人生の導き手であり、救い主だ

人生は常に今日という現実に対面して生きているが

現実に執着せず、現実を未来の生へと繰り上げ

準備し備える人生に一貫した信仰とならなければならない

現実に執着した人生は肉である

聖霊が知らせてくれる通り、未来を征服し

備え準備する人生を、霊の人生という

聖霊の導きに対する背きは

光なき闇の中でさ迷い歩くように

ただ、滅亡へとつながるだけだ